双極性naoの「てにをは」

双極性障害のnaoが伝える、ことばの力と闘病の記録。

スポンサーリンク

マイナス思考の無限ループに陥ってしまったときの対処法

みずたまなおです。

こんにちは。

 

今回は、マイナス思考の無限ループから抜け出す言葉についてのお話です。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

【目 次】

 

 

同じことばかり考えていませんか?

f:id:nao_mizutama:20171003110103j:plain

あなたは、ひとつのことをずっと考えてしまったことはありませんか?

それはもしかして、不安ではありませんか?

 

私は小さい頃から、良く言えば、しっかりと考えて行動するタイプでした。

ただ、裏を返せばただの「考えすぎ」なのですけれど。

 

中学校の音楽の授業でリコーダーの実技試験がありました。

音楽が苦手な私は、練習していたにも関わらず「ちゃんと吹けるかなぁ」とか「失敗したらどうしよう」と、不安から同じことばかりを考えて、前日の夜は布団に入ってもなかなか寝付けませんでした。

試験は何ヵ所か間違えたものの、そこそこの演奏をすることができました。

 

私がうつ病になって少し回復してきたころ「ちゃんと職場に戻れるのだろうか」とか「また悪化したらどうしよう」と、マイナスなことばかり考えてしまう日々が続いていました。

後々思い返してみるとそれは、どんなに考えたところで解決することも、症状が飛躍的に改善することもないのだとわかります。

 

ただ、苦しさやつらさの渦中にいるときは、そんなことは考えられません。

そしてまたいつの間にか、同じようにマイナスなことばかり考えてしまうのです。

 

私は今、こうしてキーボードをパチパチしている間も、マイナスな不安の影が「隙あらば…」とその存在を見え隠れさせているような状況です。

 

今は読者のみなさんに「分かりやすい文章にするはどういう言い回しをすれば良いだろうか」とか「構成はどうか?例えは適切か?」などと考えているます。

そのため「不安の影」を隅っこに押しやっているいて、何とか文章が書けています。

 

それでも、ひとつの記事を書き終えてしばらくしたら、またきっとヤツがやって来るでしょう。

 

マイナス思考の無限ループ

f:id:nao_mizutama:20171003105923j:plain

本当は考えたくはないけれど、気づけばついマイナスなことを考えてしまっているという、うつ病や双極性障害の方は少なくないでしょう。

そして、同じようなことを頭の中で考えて考えて考えて…、結果なにも答えらしき答えは出てこない。

ただただマイナスなことが頭のなかで、ぐるぐる駆け巡るだけ。

そんな経験や悩みを、あなたはお持ちではありませんか?

 

あなたをマイナスな考えにさせること、それは会社や学校のことですか?

経済的なことですか?

それとも、それ以外のことですか?

 

ほんの一握りの「超絶プラス思考」の方たちを除けば、マイナスなことを考えてしまうのは仕方のないことだと、私は考えています。

「考えるな」と言われても考えてしまうのだから、どうしようもありません。

 

病気があなたをそうさせているだけなのです。

 

と、言われても気休め程度にしかならないですよね。

結局マイナスな考えの無限ループに陥ってしまい、答えが出ることはほとんどないのです。

 

では、マイナス思考の無限ループになったとき、私たちはいったいどうすれば良いのでしょうか。

 

おすすめしたい3つの言葉

f:id:nao_mizutama:20171003110329j:plain

私がおすすめしたい言葉は3つありますので、順番にご紹介します。

 

①これでいいのだ

これは、かの有名な赤塚不二夫さん原作の漫画『天才バカボン』で、バカボンのパパがよく言う言葉です。

 

私はこれを勝手に「自己肯定型」と名付けました。

 

「どうしよう、どうしよう」と無限ループにはまってしまったとき、この言葉を実際に口にしてみたり、頭の中で唱えてみてはいかがでしょうか。

すると、現在の自分を認めることができ、考えていたマイナスなことはどこかへ行ってしまうような感覚にはなりませんか?

バカボンのテーマソングを口ずさんでみるのも良いかもしれません。

 

②なんとかなる

ありきたりな言葉ですが、これほどまでに的を射ている言葉はないでしょう。

私はこれを勝手に「放任型」と名付けました。

 

マイナス思考の無限ループに陥っているとき、いくら頭で考えていても答えが出ることはほとんどありません。

もう、なるようにしかならないのです。

それなら考えること自体を諦めて「なんとかなる」と考えてみませんか?

 

ちなみにこの言葉は、映画『無責任男シリーズ』で有名な植木等さんの『スーダラ節』の歌詞にも出てきます。

 

 そーのうちなーんとか、な~るだ~ろ~~~う~~♪  

だまって俺について来い

だまって俺について来い

  • 植木等
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

③なんでやねん

マイナス思考の無限ループに遭遇したら、自分自身にツッコミを入れる言葉です。

私はこれを勝手に「思考切断型」と名付けました。

 

ちなみに私は、この方法をとることが多いです。

「復職できるかなー」

「でも体力も落ちているし…」

「どうしよう、どうしよう」

「あー、でもなー」

(モヤモヤ…)

というときに言ってみます「なんでやねん」と。

 

今までのマイナス思考の無限ループをバッサリ斬ります。

そして「なんでやねん」と言うことで、半強制的に思考をフラットに近い状態に持っていくことができる不思議な言葉です。

 

 おわりに

今回ご紹介したのは、効果がある(ありそうな)言葉です。

もしあなたが、マイナス思考のループに巻き込まれてしまったとき、試してみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたらもうすでに、あなたにはあなたに合った別の方法や言葉があるかもしれません。

 

どんな形であっても、あなたにとって何かの気づきになれば嬉しいです。 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

はてブ、読者登録していただけると喜びます。

Twitterもやっています。お気軽にどうぞ!

twitter.com